101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

無視せざるを得ぬ町…っ!の作者さんは、まろん☆まろん。
このサイトは、ブッコミで配信されている画像や無料試し読み方法も紹介しています。
完全無料で第一章からのネタバレを書いていますよ~

 

感想もあります💛

こんな好みの方におすすめ

  • ハーレム
  • 中出し
  • 羞恥恥辱
  • レイプ
  • アナル

抵抗したくてもできないというシチュエーションが最高です!

>>>無視せざるを得ぬ町…っ!無料試し読みはこちら

101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

無視せざるを得ぬ町…っ!の登場人物

101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

主人公

町からしばらく出てて、戻ってきた普通のこうこうせい。

何故か村八分にされていて、町の人間全員に無視されている。

しかしそれを逆手にとって…犯りたいほうだい!

河本真由子

主人公と同じクラスのマドンナ。
超巨乳。

 

真面目で優しい。
主人公の最初の「ターゲット」。

 

授業中に入ってきた主人公に、いきなり胸を揉まれて…。
Hカップで乳首は敏感、アソコもすぐにトロトロになっちゃう隠れ淫乱体質。

柴田

褐色で元気のいい少女。
素直な性格で先生たちのお気に入り。

 

なんでちんぽを口に入れるのか、フェラをよく分かってないほどピュアな性格だった。

 

主人公に目をつけられて、イラマされているうちに…?
101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

無視せざるを得ぬ町…っ!の1話あらすじ・感想

都会から久しぶりに町に帰ってきた主人公は、町の人間からなぜか誰からも口をきいてもらえなくなってしまう。

 

クラスメイトも昔は仲良く話してくれたのに。
学校でもひとり完全に無視される。

 

耐えられなくなりとうとう母親に相談すると、なんと母親も同じく誰からも無視されていた。母親のつらそうな顔を見て、主人公はある決意をする…。

 

しばらく学校を休んだ主人公が教室にいきなり入ってくる。
授業中だが、だれもが無視。

 

それを逆手に、クラスのマドンナでHカップ爆乳の河本の席までいき、おっぱいを揉み始める。

 

「俺のこと、無視しないといけないんだろ?」
「でっけー乳してるな、何カップあるんだ?どうせ答えてくれないから、ブラジャーのサイズ見てやるよ」

 

そういうと、白いブラウスを教室の中で脱がせ始める
周りの河本に憧れているクラスメイト達は、横目でそれを見ているだけ。

 

しっかりと巨乳の先の乳首を愛撫したあとは、もちろんパンツにも手が伸びて…。

 

くちゅくちゅ
アッ…
いやらしい音が、静かな教室に響いていく…!

>>>無視せざるを得ぬ町…っ!無料試し読みはこちら

101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

無視せざるを得ぬ町…っ!の2話あらすじ・感想

101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

マ〇コとクリを入念にいじめられ、トロトロになっている河本。
そんな中も、授業は構わず進められる。

 

美人メガネ先生「…じゃあ、当番の人ここの部分ろうどくしてみて。」

 

えっ、今日の当番って河本さんじゃ。

 

立ち上がるが腰がガクガクなので、必死に机に手をついて音読をはじめる真由子
後ろからスカートをあげて、パンツごしに弄る主人公。

 

「うっわすっげぇメス臭。
真由子、挿れていい?」

 

真由子のマ〇コとろとろで、いまにもいれて欲しそうだからさ。
ほら、俺嫌だと言われるとしないタイプだからさ。」

 

「真由子のマ〇コとろとろで、いまにもいれて欲しそうだからさ。
ほら、俺嫌だと言われるとしないタイプだからさ。」

 

何も言えないのを承知で、まゆこのパンツを立ちバックの態勢で後ろからずらし、チ〇ポをマ〇コにあてがう。

うそっ…

ぐちゅぅうううっ

↓続きはここから読んでね♡

>>>無視せざるを得ぬ町…っ!無料試し読みはこちら

101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

無視せざるを得ぬ町…っ!の3話あらすじ・感想

101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

「上っ面だけのエロ雌がよ~」

そう言いながら、主人公は授業中の教室の真ん中で真由子を立ちバックで犯しまくる。

「中に出すぞ?何も言わなくても伝わってくるよ。
まんこがきゅっきゅて締め付けてくるからな。俺の精子しっかりと受け止めたいって言ってるよ。お前の膣が」

 

「あぁ~名器だわ。オナホより全然いい!
こんなに乱れちまって。お前何回いってるんだよ。」

 

「オラオラこんなもんで終わらないぞ?俺はまだ1回いっただけだろ?」

 

クラスのマドンナ河本に公開中出しを決めた主人公。
次のターゲットは…真面目な優等生「委員長」の柴田ちゃんだった。

 

無視されることをいいことにやりたい放題の主人公。
お昼休みの時間は、チ〇ポを露出して縦横無尽

 

女子たちはみんな「ここで止まらないで」と思っているが、そんなのお構いなし。

 

おう 柴田ちゃん美味しそうなお弁当食べているね。
でもそんなんで量たりるの?

 

そういって、自分のソーセージをぐりぐりとほっぺたに押し付ける。

 

「次はこのオカズね」
そういうと、顔を両手でわしづかみにしてチ〇ポをむりやり口にねじこむ

 

じゅぽぽぽぽ
待って…喉…奥苦しい

ピュアな柴田ちゃんは、フェラが分かってないからおちんちんをなんで口の中に入れるのか分からずパニックに。

 

ぶちゅっ

 

かまわず頭を掴んで奥まで思いっきり押し込む。

しっかりごはん、ちんぽ、ごはん、ちんぽの順に食べないとだめですよ~

>>>無視せざるを得ぬ町…っ!無料試し読みはこちら

101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

無視せざるを得ぬ町…っ!の無料試し読み方法

①↓の画像からテキストをクリックします。

>>>無視せざるを得ぬ町…っ!無料試し読みはこちら

101046000_BookLiveコミック【AC】無視せざるを得ぬ町…っ!※スマホ専用

②水色の「公式サイトで安心!!!無料立ち読み」をタップします♪

③緑色枠の「無料試し読み」をタップすることで、無視せざるを得ぬ町…っ!の無料試し読みができますよ♪